『ガジュまるの生活日記』
~Comfortable life~
DIY

カーテンの裾上げ、初めてやってみた。

裁縫やミシンも使ったことの無い僕が、初めてカーテンの裾上げをやってみました。

結論から先に言うと、カーテン用すそ直しテープを使って裾上げしてみたら、初心者の僕でも簡単に綺麗に仕上げることができました。

今まで、裾上げはミシンでするものだと思っていました。

ミシンを持っていない方や裁縫が苦手な方でも、簡単にカーテンの裾上げできるので、「カーテンの丈を短くしたいけど大変そう」と思っている方にオススメの商品です。

CAPTAIN88 カーテンすそ直しテープ 巾45mm×2m巻 CP68

スポンサーリンク

カーテン用すそ直しテープを購入した理由

カーテンを出窓の窓際に移動。

子供部屋の出窓の高さに合う既製品のカーテンが無く、既製品の丈の長いカーテンを使っていました。

カーテンの丈が長いので、部屋の壁側にレールを付けて出窓が隠れるような感じで使っていましたが、これだと部屋が広く見えず、せっかくの出窓のメリットがありません。

そこで、出窓の窓側にカーテンを移動しようと考えました。

初めに考えたのは新品の購入でしたが、この出窓のサイズに合う既製品のカーテンは無く、オーダーカーテンになると価格も納期もかかってしまいます。

そんな訳で、今回はカーテンを切って裾上げをすることにしました。

裾上げの方法もいろいろある

カーテンの裾上げはミシンで縫うことしか思いつかなかったのですが、裾上げの方法を調べてみると、いろんな方法がありました。

  • ミシンで縫う
  • 手縫い
  • カーテン用の裾上げテープ
  • 布用の両面テープ
  • 布用のボンド
  • 安全ピンやクリップなど
  • 裁縫屋さんに頼む

1番良い方法は、やはりミシンで縫うのが丈夫で耐久性がありそうです。

ミシンを購入しようと思ったが・・・

裾上げにはミシンが1番良さそうですが、我が家にはミシンがありません。

ミシンがあれば、カーテンの裾上げ以外にも使えそうですし、他にも何か役に立つかもって思いました。

しかし、よくよく考えてみると、ミシンを扱ったことが無く、いざ購入しても扱いきれないような気がしてきました。

価格の安いミシンは素人には難しそうですし、高級なミシンは宝の持ち腐れになりそうなので、ミシンを購入するのは諦めました。

もしミシンを購入しても、おそらくタンスの肥やしになるだけだと思います。

そこで次に選んだのが、カーテン用の裾上げテープです。

アイロンは持っていますし、価格も安く簡単に出来そうなので、カーテン用の裾上げテープを購入する事に決めました。

購入品、カーテン用すそ直しテープ

カーテン用のすそ上げテープにもいろいろありましたが、選んだのはコレです。

遮光カーテンなどの厚地用もありましたが、巾が45mmの大きいサイズを選びました。

パッケージの裏面に使い方の説明が載っています。

詳しくはメーカーの商品ページに使い方が掲載されています。

動画も掲載されているので、参考になると思います。

参照元:キャプテン株式会社 カーテンすそ直しテープ

CAPTAIN88 カーテンすそ直しテープ 巾45mm×2m巻 CP68

CAPTAIN88 厚地用カーテンすそ直しテープ 幅28mm×長さ3.5m CP227

カーテンの裾上げ方法(下手っぴだけど)

カーテンの裾上げに必要な道具

  • アイロン(スチーム付き)
  • アイロン台
  • ハサミ
  • メジャー

カーテンををカットする

希望の長さに折り、アイロンで折り目をつけていきます。

折り目から12cm所をハサミでカットします

カットしたところから約2cm、アイロンで折り目をつけます。

すそ直しテープの貼り付け

折り目をつけた部分に、すそ直しテープをはくり紙の上からアイロンで約5秒間押しつけて貼付けていきます。

両端は補強のために、折り返す2倍の長さで縦に貼付けます。

45mm巾のテープは、切り口のほつれもしっかり覆ってくれるので、ほつれてくる心配がいりません。

すそ直しテープには裏と表がある

すそ直しテープには、はくり紙と熱接着面がありますので間違えないでください。
くものす状のザラザラした面が接着面で、ツルツルした面がはくり紙です。

すそ直しテープの、はくり紙を外す

すそ直しテープを貼付け後、冷えてから指先などで、はくり紙をはがします。

ゆっくりはがさないと、はくり紙が残ってしまう場合があるので注意してください。

ハサミでカットした後の、糸のほつれもテープで覆うので、糸がほつれてくる心配もありません。

折り返して、スチームアイロンでプレスします。

はくり紙をはがし終わったら、始めに折り目をつけたところを折り、スチームアイロンで体重をかけてプレスしていきます。

微妙にズレたりゆがんだりしてますが、ぱっと見は綺麗にできてます。

まとめ

初めてカーテンの裾上げをしてみましたが、初めての割にはうまく出来たと思います。

1番難しいと思ったのは、希望の長さに折ったところを、アイロンでまっすぐにかけるのが、なかなか難しかったです。

ここが上手に出来ると、裾上げが綺麗に仕上がると思いました。

裾上げテープでも、思ったより綺麗に仕上がりましたし、時間もかかりませんでした。

もしミシンを購入していたら、ミシンを扱えるようになるまでに時間もかかりますし、仕上げもよくできなかったと思います。

このすそ直しテープは、ミシンが無く裁縫が苦手な方や、カーテンの裾上げを安く済ませたい方にもオススメです。

CAPTAIN88 カーテンすそ直しテープ 巾45mm×2m巻 CP68

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA