『ガジュまるの生活日記』
~Comfortable life~
DIY

マキタの18Vリチウムイオンバッテリー、6.0Ahと3.0Ahを比べてみた。

マキタの電動工具が好きで、マキタの18Vリチウムイオンバッテリーシリーズの電動工具を買い揃えています。

マキタのリチウムイオンバッテリーシリーズには、電圧が40V、36V、18V、14.4V、10.8V、7.2Vのシリーズがあります。

18Vを選んだ理由は、リチウムイオンバッテリーシリーズの電動工具の種類が全503種類のうち、18Vシリーズは311種類もあるので、1つのバッテリーで使い回せる電動工具の種類が多いからです。

しかも18Vは十分にパワーがあり、性能も耐久性も高いので、ホームユーザーからプロの方まで愛用されるシリーズです。

紹介していない電動工具もありますが、これまで紹介してきたのは

マキタの充電式インパクトレンチ「TW300DZ」

マキタ 充電式インパクトドライバとインパクトレンチの比較。

初心者でも簡単に使えた マキタ 充電式チェンソー MUC254DZNR

マキタ 18v 充電式 コードレス掃除機 CL282FDFCW レビュー

です。

掃除機以外は6.0Ahの容量のバッテリーが付属されていましたが、掃除機には3.0Ahの容量のバッテリーが付属されていました。

容量は倍なのに、見た目の大きさは変わらず、持った感じの重さもあまり変わらないようでした。

何が違うのか気になってしまったので、詳しく比べることにしました。

2022年8月30日~9月27日まで
「現金でチャージすると最大2.5%ポイントが貯まる」キャンペーンが開催中。
期間限定なので、この機会にチャージするのがお得です。
要エントリーですので気をつけてください。
エントリーページはこちら

スポンサーリンク

マキタのリチウムイオンバッテリーの特徴

リチウムイオンバッテリーはエネルギー密度が高く、また自己放電が少ないなど優れた特徴を有しており、小型軽量でエネルギー効率の良いバッテリーです。

小型・軽量・高容量!

質量が軽いリチウムイオンバッテリーのセルを効率よくつなげ、本数を減らす事で、高容量ながら小型・軽量を実現。

継ぎ足し充電が可能!

 メモリ効果がないため、継ぎ足し充電が可能。

長期保存に強い!

 自己放電が少ないため、長期保存しても満充電に近い作業が可能。
※満充電状態で保存してください。

残容量表示+自己故障診断!

確認ボタンを押すと4段階残容量表示&2個交互点滅で「故障」を表示します。
※品番末尾にBが付く商品のみ

4.0Ah以上の高容量バッテリーに対応していないモデルがある

旧機種だと4AH以上のバッテリーに一部対応しないモデルがあります。

新しい機種は、高容量バッテリーにほぼ対応しています。

高容量のバッテリーに対応しているかの見分け方

以下の条件のうち、1つでも当てはまれば使用可能です。

LXTマークがある電動工具

電動工具の種類によりマークの位置が異なりますが、LXTのマークがあれば使用可能です。

▼コードレス掃除機 CL282FDFCW

▼インパクトレンチ TW300DZ

バッテリ端子が黄色の電動工具

▼画像のように端子が黄色なら使用可能です。

バッテリ端子に★マークがある電動工具

  

▼コードレス掃除機 CL282FDFCW

6.0Ah(BL1860B)と3.0Ah(BL1830B)の比較

今回比較する6.0Ahと3.0Ahのリチウムイオンバッテリーは、どちらも残容量表示+自己故障診断付きです。

6.0Ahは雪マークが付いているので、急速充電器対応になります。

18Vリチウムイオンバッテリー、6.0Ahと3.0Ahの比較表

BL1860B BL1830B
容量 6.0Ah 3.0Ah
サイズ サイズ幅76×長さ116×高さ63mm サイズ幅76×長さ116×高さ63mm
重量 (実重量) 671g 606g
充電時間
(充電器DC18RF)
雪マーク付きバッテリ充電時
約27分(実用充電)
約40分(フル充電)
約17分(実用充電)
約22分(フル充電)
定価(税込) ¥25,520 ¥19,800
実売価格(税込)
ショップにより価格差あり
¥11,000前後¥15,000前後
残容量表示&
自己診断機能
 ○ ○

比較したところ、見た目やサイズは同じでしたが、容量、重量、充電時間、価格が違います。

6.0Ahと3.0Ahの容量の差は倍ですが、サイズは同じで重量の差もそんなにありません。

18Vリチウムイオンバッテリー、6.0Ahと3.0Ahの実物の比較

画像の左側が6.0Ahで右側が3.0Ahです。

▼リチウムイオンバッテリーの側面

▼リチウムイオンバッテリーの正面

▼リチウムイオンバッテリーの裏面

▼リチウムイオンバッテリーの上面

マキタ リチウムイオンバッテリBL1860B  18V 6.0Ah A-60464

マキタ リチウムイオンバッテリBL1830B  18V 3.0Ah A-60442

マキタ リチウムイオンバッテリBL1830B 18V 3.0Ah A-60442

おわりに

マキタの18Vリチウムイオンバッテリー、6.0Ahと3.0Ahを比較しました。

6.0Ahと3.0Ahの容量の差は倍ですが、形状やサイズは同じ。

6.0Ahが少しだけが重たいですが、持った感じ重量の差は感じません。

実際使用してみて思ったことは、6.0Ahと3.0Ahは容量の違いだけなので、出力は特に変わりませんでした。

電動工具を1日中使う事が無いのでハッキリ分りませんが、6.0Ahは1日中使っても十分持つような気がしました。

しかし掃除機は付属の3.0Ahのバッテリーを使うと、途中で電池切れになる事があるので、6.0Ahのバッテリーの方が良さそうです。

単品の価格差が4,000円ぐらいなので、購入するとしたら6.0Ahのリチウムイオンバッテリーがオススメです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA