『ガジュまるの生活日記』
~Comfortable life~
家電

セイコー 電波時計 DL214W 置掛兼用 デジタル時計 レビュー

以前紹介したアナログタイプの電波式掛け時計を洗面台横に掛けていましたが、ヘアドライヤーを収納するホルダーと近かったため、ヘアドライヤーを収納する際に当たってしまい掛け時計を落として破損してしまいました。

時計が無いと不便なので、同じ時計を購入しようと思いましたが、今回はデジタルタイプの「セイコークロック 電波式 デジタル 掛け時計 DL214W」を購入してみました。

先に結論から言うと、
電波時計の受信感度が意外に良く、デジタルタイプですが、白と黒のコントラストで文字盤がとても見やすく、サイズもちょうど良いので購入して正解でした。

実物を見ないで購入したので、サイズ感が分らず心配でしたが、ちょうど良いサイズで良かったです。

それに文字盤がハッキリしていてとても見やすく秒数まで表示されるので、朝の忙しいときに時間の確認がパッとできるのもポイントが高いです。

デザインもシンプルで洗面所の壁との相性も良く馴染んでいます。

使ってみた感想やメリット、デメリットなどを書いていきますので、これから購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

セイコー デジタル 電波時計 DL214W の商品紹介

商品詳細

コントラストの高い白色LEDではっきり見やすいデジタル表示。

メイン表示は時刻、カレンダー、温度・湿度に切替可能。

掛け置き兼用で使う場所いろいろ。

製品番号DL214W
枠材プラスチック枠(白)
前面:ガラス
サイズ・重さ120×195×24mm
置いた状態:116×195×60mm
本体重量:290g
電源AC電源:専用ACアダプターつき(コード長約2m)
バックアップ用電池:CR2032×1(停電時などに時刻・カレンダー情報の記憶の為に駆動し、電池だけでは表示しません。)
機能電波修正機能(40kHz/60kHz自動選局・受信OFF機能つき)
3モード表示切替(時刻モード/カレンダーモード/温度・湿度モード)
2099年12月31日までのフルオートカレンダー機能
2099年12月31日までの六曜表示(ただし、2033年8月25日~2034年3月19日の間は非表示)
高コントラスト液晶
明るさ切替機能(3段階)
置用スタンドつき(掛置兼用)
温湿度表示(温度測定範囲:0℃~40℃ 測定精度: ±2℃ 湿度測定範囲:25%RH~85%RH 測定精度:±8%(25℃)
12時間制/24時間制切替式
電子音アラーム(ダンダントーン)
アラームオートストップ 約5分間

参照元:SEIKO

購入品

入っていた物は、電波時計本体、取扱説明書、ACアダプタ、ボタン電池(CR2032)

DL214Wの付属品

本体の裏

DL214W本体裏面

AC電源はココに挿します。

DL214W本体裏面の電源コードの差し込む位置

セイコー デジタル 電波時計 DL214W を選んだ理由

アナログからデジタル表示に

今までは時間配分がつかみやすいアナログタイプの電波時計を使っていましたが、表示が大きくて見やすく秒数まで表示されるものだったら、直感的に時間が分りやすいと思い、今回はデジタルタイプの電波時計の中から選ぶことにしました。

画面の大きさサイズ

表示が大きすぎず小さすぎない物で、文字がくっきり見えるものを選びました。

比較検討した物

条件を絞っていくと、壁掛けのデジタルタイプの電波時計で、表示が大きくて見やすく価格もあまり高くない物を探したら候補が2つ出てきました。

1つ目は「ADESSO(アデッソ) 電波式掛け時計 AK-62

2つ目は「セイコークロック 電波式掛け時計 DL214W

比較してみました

【比較表】

アデッソ AK-62セイコー DL214W
サイズ(mm)高さ185 幅230 奥行30高さ120 幅195 奥行24
仕様置掛兼用置掛兼用
電源AC電源、単2電池3本AC電源
表示時刻、カレンダー、温度時刻、カレンダー、温度・湿度
明るさ切替え2段階(自動も可)
電池のみ使用時は切替不可
3段階
実売価格4,000円前後 4,000円前後

比較した結果

比べた結果、「アデッソ AK-62」も魅力的でしたが、サイズが大きすぎたので、「セイコー DL214W」に決めました。

セイコー デジタル 電波時計 DL214W を使ってみた感想

洗面台横に設置

掛置兼用ですが、元から掛け時計として使うつもりで購入しました。

付属のビス1本で本体裏の凹みに掛けて設置します。

ACアダプタの黒い配線が本体下から出てきます。このままだと配線がだらしなく見えるので配線カバーで隠します。

DL214Wを正面からみたところ
本体下から出るコードが気になります。

配線カバーを取付けてみました。

DL214Wに配線カバーを取付けるところ

配線コードが見えないので、スッキリしました。

DL214Wに配線カバーを取付けた後

配線カバーを取付けることにより、万が一時計に当たって時計が外れてしまっても、配線コードで脱落も防げそうです。

電波受信感度が低い?→受信するようになった

電源を入れて電波受信させましたが、設置する場所は家の窓から離れているので、なかなか受信しません。

とりあえず窓際に置いて受信させたところ、放置していたのでハッキリした時間は分りませんが、15分ぐらいで受信しました。

その後、設置したい場所に設置しました。

数日後、受信マークが表示されないままです。

それからしばらくして、配線カバーでコードを隠すためにACアダプタをコンセントから抜いて電源を切りました。

そして配線カバーを取付け後、電源を入れてしばらくすると受信マークが表示されるようになりました。

受信マークが表示されない場合、電源を入れ直してみるのも良いのかもしれないですね。

表示が見えにくい角度がある

下から斜め45度ぐらいから見上げると、表示が薄くなり文字が見えにくくなります。

それ以外からの角度からはキレイに表示されて見やすいです。

壁掛けをする場合、高い位置に掛けると見えにくい角度があるので、高さは目線ぐらいまでにしておいたほうが良さそうです。

上から見たところ

DL214Wを上から見たところ

左から見たところ

DL214Wを左から見たところ

右から見たところ

DL214Wを右から見たところ

下から見たところ

DL214Wを下から見たところ
DL214Wを右下から見たところ

見た目が良い!

素材がプラスチック枠と前面ガラスと書いてありましたが、見た目はガラスのような感じがありません。

試しに画面をコンコンと叩いてみましたが、音もガラスっぽくありませんでした。

なので万が一落としてしまっても、簡単に割れそうではないので良かったです。

表示部の明るさ

場所や使用状況に合せて、表示部の明るさを3段階に切換えることができます。

明るさ:強

DL214Wの表示部明るさ強

明るさ:中

DL214Wの表示部明るさ中

明るさ:弱

DL214Wの表示部明るさ弱

明るさの強と中の差はあまりありませんが、まぶしさが違います。

明るさの弱は、だいぶ光量が抑えられています。

ディスプレイや文字のサイズ

商品スペックには文字の大きさ等が書いていないので、参考までに測定してみました。

・ディスプレイの画面サイズは、縦85mm・横125mm

・メインの数字のサイズ、縦47mm・横20mm

ディスプレイのサイズと文字サイズ

アラームは使わない

取扱説明書に目ざまし時計と書いてあるので、本来は目ざまし時計として使う物だと思います。

しかし我が家では洗面台横の壁に掛けるので、アラームは不要でした。

セイコー デジタル 電波時計 DL214W のメリット

1.黒地に白く光る文字が見やすい

文字が発光しているので、時間がハッキリ見え、遠くても見やすい。

2.見た目がシンプルで良い

本体の白い枠と洗面台横の壁板との相性が良く、自然な感じで見た目の違和感もありません。

表示が時刻(秒数も)、温度・湿度、日付まで表示されますが、ゴチャゴチャ感がないです。

しかもボタン類が表に無いのでスッキリしています。

黒地に白文字のコントラストがシンプルで見やすく、本体の色とバランスがとれて良い感じです。

3.秒数カウントがある

朝の忙しい時間に分までの表示では不安なので、秒数が表示されるのは嬉しいです。

4.暗闇でも見える

文字が光るので部屋が暗くても時間が確認できます。

脱衣所の洗面台横に設置していますが、脱衣所が昼間でも薄暗いので時計の表示がとても見やすいです。

しかも明るさを3段階(強→中→弱→)で調節できるので、場所によって使い分けることができます。

我が家は2番目に明るい「中」を使っています。

5.使い方により表示を切り替えられる

メインの大きな表示を切換えられるのも良いと思いました。

メインの表示は時刻モード、カレンダーモード、温度・湿度モードの3種類の表示が出来ます。

我が家では時刻モードで時間表示にしていますが、赤ちゃんやペットがいる場合、温度・湿度モードが役に立ちそうです。

セイコー デジタル 電波時計 DL214W のデメリット

1.寝室などでは明るすぎるかも

文字が光るので見やすいのがメリットでしたが、明るさを弱にしても寝室など真っ暗で寝たい方には明る過ぎるかもしれません。

常夜灯で寝られる方には逆にちょうど良さそうです。

2.AC電源が必要なので設置場所が限定される

電池式とは違いコンセントが必要なので置きたい(掛けたい)場所が限定されます。

しかもコードを隠さないと、見た目もあまり良くないです。

でも設置した場所にコンセントがあれば、AC電源のため電池切れの心配がありません。

おわりに

アナログタイプの電波時計からデジタルタイプの電波時計に変えてみて、アナログタイプの方が良いと思っていましたが、デジタルタイプでも特に違和感なく使えるので、どちらのタイプでも良かったと思います。

取り付け位置は同じ場所に取付けましたが、シンプルなデザインなので、以前の物よりスッキリして良かったです。

サイズも脱衣所ぐらいの広さには十分ですし、液晶が発光するので広い部屋でも見えやすいと思います。我が家の脱衣所は昼間でも薄暗いので、液晶の発光にして良かったと思いました。

取り付け場所の2m以内にコンセントがあれば取り付け可能なので、普通の液晶では時間が見えにくい方や、暗い場所でも時間を確認したい方などにオススメです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA