『ガジュまるの生活日記』
~Comfortable life~
家電

モダンデコの加湿器から水漏れ。原因を調べてみた。

2020年12月に購入したモダンデコのハイブリッド加湿器から、水が漏れてきました。

商品のレビューの書き込みの中で、悪い評価も大半が水漏れでしたが、まさか我が家の加湿器も水漏れがするとは思っていませんでした。

加湿器をスマートリモコンで自動化していて、快適に使用していたのに残念です。

また商品レビューの評価の低い多くが水漏れで、保証期間の1年を過ぎた頃に水漏れしてきたという書き込みが多かったです。

我が家の加湿器も購入して1年3ヶ月経ちましたので、保証対象外になります。

保証も効かないので、廃棄しようと思いましたが、ただ廃棄するのは勿体ないので、ダメ元で自分で修理できないか、水漏れの原因を調べる事にしました。

スポンサーリンク

水漏れしたときの状態

水漏れ発見

帰宅後、モダンデコの加湿器を見てみるとエラー06と表示され、水切れランプも点灯していました。

加湿器のエラー06

ただの水切れかと思い、水をつぎ足そうとしたとき、加湿器の下付近の板が濡れているのに気づきました。

床が水浸しになっていなかったのが、せめてもの救いでした。

エラー表示06を調べようと思い、取扱説明書を探しましたが見つからず、結局エラー表示06が何なのか分かりませんでした。

公式サイトを見ても、取扱説明書のダウンロードなど無く調べることができませんでした。

こういった場合、大手の家電メーカーの方がしっかりしていると思いました。

しばらく放置した後に試してみると、普通に作動しました。

電源を抜いてしばらく放置していましたが、改めて水を入れて電源を入れてみると、正常に作動しました。

1日は水漏れはありませんでした。

しかし2日目に、少しですが水漏れしているのを確認できました。

やっぱり廃棄しよう

水漏れがしたりしなかったりですが、水漏れはさすがに心配なので、廃棄することにしました。

廃棄する前に、何が原因で水漏れしたのか気になったので、調べてみることにしました。

水漏れの原因を調べてみた

給水タンク下のバルブ(弁)が怪しい?

給水タンク下のバルブ(弁)に、ゴミなどが挟まり水漏れしたかもしれないと思い、しらべてみることにしました。

バルブのパッキンを外してみましたが、傷など無くゴミなども付着していませんでした。

試しに給水タンクを外した状態で水を入れ、オーバーフローさせた状態にして水漏れしないかテストしてみました。

給水タンク外し、規定上の水を入れて水漏れテスト

しばく様子をみても水漏れしてきません。

給水タンクのバルブでは無さそうです。

底を外して調べてみた

水漏れ原因を詳しく調べるために、加湿器の底を外してみました。

蓋を外すと、底に水漏れの跡がハッキリ付いていました。

加湿器の底を外したところ水漏れ跡がついている

本体側を確認してみると、ヒーターと超音波発生をさせる箇所に、水が付着した跡がありました。

加湿器内部の画像。超音波発生装置とヒーター

底を外した状態で、ヒーターを入れて作動させてみました。

しばらくして加湿器の下を覗いてみると、ヒーター部から少し水が垂れてきました。

ヒーターから水漏れ

画像では分かりにくいですが水滴というか、しずくが垂れてきました。

水漏れした原因が分かりました

ヒーター部のネジを外して調べた結果、ヒーターと本体のつなぎ目のパッキンから水が漏れてきたのが原因です。

加湿器本体からヒーター部をはずしたところ

おそらくですが、加湿器の使用中は常にヒーターを使用していたので、その熱が原因でパッキンから水が漏れ出したのだと思います。

ヒーター部の取り付けねじが緩んでいないので、増し締めしても解決しなさそうなので、修理は諦めて廃棄することにしました。

2021年10月から改良されている

公式サイトを見てみると、2021年10月販売分より改良されていると書いてありました。

内容を見てみると

  • 本体底部強化で水漏れ防止
  • 底面の厚みを増し強度UP
  • 温度センサーの精度UP
  • 防塵フィルターを追加

お客様のご意見・ご要望を反映し製品改良に取り組んでいるそうです。

おわりに

モダンデコの加湿器からの水漏れ原因が分かりましたが、特に修理もできずに終わりました。

デザインや機能を気に入っていたのですが、改良されているとはいえ、また同じ製品を購入しようとは思いませんでした。

前回紹介したシャープのハイブリッド加湿器が扱いやすくしっかりしているので、やっぱり加湿器は大手の家電メーカーが良いのかなぁと思いました。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA